TOP 資料請求
商品ファンド入門商品ファンドへの取り組みサポート制度商品ファンド運用実績速報お問い合わせ
商品ファンド入門
商品ファンドとは
投資対象
商品先物取引との違い
ファインドの分類
運用実績について
よくある質問
用語集
商品ファンドの歩み
マイスターセレクト コモディティ戦略ファンド
マイスターセレクト ゴールド
マイスタートラスト
アセットトライ
商品ファンド入門−用語集
オルタナティブ投資
従来の運用手法が、株式や債券といった伝統的資産に投資して、その値上がりによる収益や配当収入を期待するのに対し、オルタナティブ投資では、空売りや先物・オプション等を活用して、従来とは異なる手法で収益を追求するものです。ヘッジファンド、商品ファンド等が挙げられます。
商品投資顧問業者(しょうひんとうしこもんぎょうしゃ)
商品ファンドの運用担当者あるいは運用専門会社で、運用に関する投資判断を行います。米国でも同様の資格を有する会社が存在し、「CTA(Commodity Trading Advisors)」と呼ばれています。
コモディティ・プール・オペレーター(Commodity Pool Operators)
商品ファンドの設定、運用管理などを行う管理会社です。顧客から集めた資金の管理、実際の運用を任せるCTAの選択、具体的な資金運用の方針の指示などを行います。「CPO」と呼ばれています。
デリバティブ(Derivative)
金融派生商品のことです。株式、債券、為替等金融商品に関連する先物取引、オプション取引等です。債券価格と関係する債券デリバティブや、降雨量等に関係する天候デリバティブなどがあります。
騰落率(とうらくりつ)
騰落率とは、ファンド1口当りの資産が一定期間にどれくらい増減したのかを百分率で示したものです。ある期間において、ファンド資産額がAからBになった時、ある期間の騰落率(%) =(B-A)/A×100となる。
特別目的会社(SPC:Special Purpose Company)
資金を調達するための証券発行など限定された目的のために設立される会社のことです。商品ファンドの場合、他事業の影響を受けないように、ファンドの運営のみを目的として設立されます。
匿名組合契約(とくめいくみあいけいやく)
匿名組合契約とは、当事者の一方(匿名組合員)が相手方(営業者)の営業のために出資を行い、その営業から生じた利益を分配することを約する契約のことです。
分散投資
リスクを軽減するために、複数の投資対象へ資産を分けて投資することで、資産を保全する方法です。
ヘッジ(Hedge)
商品の価格変動リスクを、先物取引等によって回避することです。保険つなぎともいいます。
ヘッジファンド(Hedge fund)
米国で生まれた私募ファンドであり、ヘッジという名前が示すように、リスクをコントロールする手法で運用されています。ヘッジファンドは投資対象と投資方法に制限がなく、株、株価指数先物、債券、債券先物、通貨、デリバティブなどあらゆるものを投資対象とし、様々な手法でリスクに対して積極的なヘッジをしていく戦略をとります。また私募であるため、情報開示義務がなく、ディスクロージャーも消極的であるのが一般的です。
ポートフォリオ(Portfolio)
個々の投資家が保有している金融商品の集合体のことです。元々は紙ばさみの意味を持った言葉です。
ボラティリティ(Volatility)
価格やパフォーマンスなどの変化の度合いを表すものです。ボラティリティは標準偏差で表すことが多く、価格等の変動率が大きいほどボラティリティが大きく、変動率が小さいほどボラティリティも小さくなります。
リミテッド・パートナーシップ(Limited Partnership)
海外で、投資のために組成される組織形態で、出資金とそこから得られる利益を限度に有限責任を負うリミテッド・パートナー(投資家)と、リミテッド・パートナーに対して無限責任を負うジェネラル・パートナーから構成されています。
レバレッジ (Leverage)
力学のレバレッジ(=てこ)の原理とは、小さい力で大きなものを動かすことをいいます。その原理になぞらえ、レバレッジ効果とは少額の投下資金でその数倍もの取引ができることを指します。
リミテッド・パートナー(Limited Partner)
リミテッド・パートナーは、リミテッド・パートナーシップ(LPS)の構成員で、LPSへ資金の供給を行い、LPSへの出資金及びそこから得られる利益を限度に責任を負担します。また、LPSの持分に応じて利益の分配を受けることができます。
ジェネラル・パートナー(General Partner)
ジェネラル・パートナーは、LPSの構成員でLPSに対して無限責任を負い、資産の運用・管理、事業運営上の意思決定を行います。
合同運用指定金銭信託(ごうどううんようしていきんせんしんたく)
信託銀行を受託者とし、委託者の信託財産を運用方法、信託設定日、信託期間等が同一である他の信託財産と合同で運用・管理する金銭信託のことです。
受託者
信託契約に基づき、財産の保管・管理を行う信託銀行のことです。
受益者
信託財産から生じる収益を受けるものをいいます。信託型の商品ファンドを購入している投資家を指します。